So-net無料ブログ作成
検索選択

「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)

 ルース駐日米大使は28日、都内で自民党の額賀福志郎元財務相と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「米国は今でも(キャンプ・シュワブ沿岸部への)現行案をベストだと思っている」と述べた。ただルース氏は「鳩山政権が5月までに結論を出すといっている。どういう対応をするか見守っていきたい」とも述べた。額賀氏が額賀派の会合で明らかにした。

【関連記事】
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」

<転落?>後藤真希さんの母親死亡 東京・江戸川区の自宅で(毎日新聞)
MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から−女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
【施政方針演説】全文(7完)むすび「かたときも忘れることなく…」(産経新聞)
<親権制限制度>導入を法制審に諮問…法相が方針(毎日新聞)
路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。