So-net無料ブログ作成

【日米外相会談】同盟の亀裂を回避 依然残る米側の不信感(産経新聞)

 日米外相会談で日米同盟を深化させるための協議を始めることや、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開催することで合意したのは、米軍普天間飛行場移設問題の結論先送りで広がり始めた日米同盟の亀裂を食い止めるためだ。ただ、政府・与党が今年5月までに出す移設問題の結論によっては、米側の鳩山由紀夫政権への不信は決定的なものになりかねない。

 会談は、移設問題の結論を今年5月に先送りした政府・与党の方針に理解を求めるため、日本側が昨年末から強く要望していた。米側は難色を示していたが、実務者レベルの協議で、移設問題の決着を待たずに同盟深化協議を始めることを決め、実現した。

 岡田克也外相は会談で「普天間移設問題は真剣に取り組むことが大事だが、日米両国が解決すべき課題は数多い。きちんと対応していく必要がある」とクリントン米国務長官に訴えた。また、平成8年に同長官の夫、クリントン大統領が橋本龍太郎首相と署名した日米安全保障共同宣言に代わる日米安保再定義の可能性にも言及し、同盟深化に強い意欲を示した。

 ただ米側にとり、日本政府が日米合意に基づき移設問題を進展させることが同盟深化の前提条件であることに変わりはなく、政府・与党が結論を出す今年5月までの一時棚上げを渋々認めたにすぎない。社民党は強硬に県外移設を主張しており、結論によって日米同盟が再び暗礁に乗り上げる危険性はなお残っている。(ホノルル 加納宏幸)

【関連記事】
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相
日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意
岡田外相が米戦没者に献花
岡田外相がハワイ到着 米太平洋軍司令部を視察
日米外相会談 米が普天間問題で早期決着迫る

まつぼっくり
ひろゆきのブログ
クレジットカード現金化 即日
パチンコ攻略
即日現金化

「私が変える日本の将来」土光杯に三荻祥さん(産経新聞)

 「第26回土光杯全日本青年弁論大会」(主催・フジサンケイグループ、特別協賛・積水ハウス)が9日、「私が変える日本の将来」をテーマに東京・大手町のサンケイプラザホールで開かれた。最優秀賞の土光杯は「皇室の役割と我が国の将来」の演題で国民を思う天皇陛下のお姿を将来に伝える決意を披瀝した団体職員、三荻祥(みつおぎ・さき)さん(25)に輝いた。

 大会は、ことしから出場資格を学生だけでなく18歳から25歳までの男女とし、名称も「青年弁論大会」にあらためた。事前審査で選ばれた14人が、日本の未来、自らの生き方に熱い思いを語った。審査員は、委員長の日下公人・社会貢献支援財団会長ら6人。入賞者には旅行券など副賞が贈られた。土光杯以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

 【産経新聞社杯】渡辺治明(21)=国士舘大3年【フジテレビ杯】秋山桃子(22)=成城大3年【ニッポン放送杯】田中絵梨(20)=京都大3年

【関連記事】
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず
櫻田淳 「臣」の作法は忘れ去られたか
【政論】皇居移転、幕府政治に戻すのか
全体主義が鎌首をもたげている 小沢氏の異常な民主主義観
特例会見問題 有識者らが小沢氏や首相官邸の対応を批判

マウント富士
ひとしのブログ
クレジットカード現金化
無料ホームページ
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。